フォローする

インターバルトレーニング

インターバルトレーニングは、ランニング中の高速区間と低速区間を積極的にに切り替えることで、スタミナと速度の改善に役立ちます。

 

例:

  • 10キロ走る場合、まず1キロを速いペースで走る。
  • その後2~5分間ジョギングを行い、体を回復させる。
  • さらに1キロを速いペースで走り、その後また遅めのジョギングに切り替える。
  • このサイクルを10回繰り返しますが、インターバルトレーニング前後のウォームアップとクールダウンを忘れないでください!
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk