フォローする

平日のトレーニング Vs. 週末のトレーニング

これまで:

 

週末は、土曜に短距離で速いペースのトレーニングを行い、日曜に長距離で快適な速度のトレーニングを行うのがベストです。 これは、速度が速いトレーニングでは体がそんなに疲れず、質の高いトレーニングを確実に行うには疲れていない状態で始めて徐々にペースを上げていく方が簡単だからです。

一方で、日曜に快適な速度でトレーニングすれば、足に疲れが残っていたとしても、そこまでその影響は感じられないでしょう。軽めのトレーニングを長距離行うことで、スタミナを増強でき、トレーニングの質を高めることができます。

 

この順番を逆にして、土曜に快適なペースのランニングを行うと、日曜のランニングで疲れてしまいます。また、スムーズにペースを上げるのが難しくなり、心肺への負担が高まる場合があります。 さらに、2日連続でトレーニングを行うことによる体への負担も高まります。 トレーニング前後にはストレッチやマッサージで体のケアを行うことを忘れないでください。

 

これから:

 

週末の練習は、土曜に短距離で速いペースのトレーニングを行い、日曜に長距離で快適な速度のトレーニングを行うのがベストです。これは、速度が速いトレーニングでは体がそんなに疲れないためです。体が回復すれば、プロのようにトレーニングを行うことができ、徐々にワークアウトのペースを上げることができます。

 

一方で、日曜に快適な速度でトレーニングすれば、足に疲れが残っていたとしても、そこまでその影響は感じられないでしょう。 軽めのトレーニングを長めに行うことで、スタミナを増強できます。また、トレーニングの質を高めることもできます。

 

しかし、この順番を逆にして、土曜に快適なペースのランニングを行うと日曜のランニングで疲れてしまいます。このように無理をしてしまうと、ペースを上げるのが難しくなり、2日連続のトレーニングによる体への負担が増えてしまいます。トレーニングの前後に部分的なストレッチやマッサージを行い、体のケアを行うことを忘れないでください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk