フォローする

ランニングの頻度

トレーニングを週4日行うことの目的は、体の回復リズム(超回復リズム)を重視し、効率的にトレーニングの成果を出すためです。つまり、トレーニング量を増やしていくことでパフォーマンス改善を目指す従来の方法から、十分な休息や質の高いトレーニングを組み合わせた計画的なランニングを通してパフォーマンスを改善していく方法へと変えていくわけです。 トレーニングしすぎると、自分でも気づかないうちに無理をしてしまう可能性があります。 無理をしてしまうと、トレーニングの効果が上がらないばかりか、下がってしまうこともあります。

 

疲労の度合いにより、休養日に少しジョギングを行うことも可能です。ただし、トレーニングの効率を上げ、ケガのリスクを下げるため、疲れたときには十分な休養を取ることを推奨します。また、トレーニングの内容はインターバルランニングなど強度の高いワークアウトではなく、マラソンのパフォーマンス改善に直接関連するペース改善に特化します。そのため、ビルドアップランに加え、効率が高く、ペースが速めのランニングを組み込んだトレーニングなどがよいでしょう


ただし、ウォームアップとクールダウンのエクササイズは含みません。 このため、実際の方法は個人とその体調、季節や天候により大幅に変化します。しかし、リクエストにお応えして、今後のバージョンではウォームアップとクールダウンのエクササイズをプランに含むことを検討します。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk